FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年1組におじゃましました。

朝の読み聞かせに行ってきました。

今日は、2年1組さんです。

3人の生徒が応接室にお迎えに来てくれました。その中に、おっ、生徒のD君。「おっ、D君おはよー。図書係さんなんだね。」と声をかけ、ちょっと照れくさそうに、「うん」と返事。かわいいです。

そして教室へ。。。

今朝は、とにかく蒸し暑~い。廊下から、教室へ一歩入ったとたん、気温が1度上昇、そんな感じでした。教室の室温、高っ!!子どもたちも、もう汗かいてるし。

中に入ると、知っている子が数人。その中に、おっ生徒のF君。大きく私に手を振ってくれました。その後、何やら隣の子にヒソヒソ…「この人、ぼくの英語の先生」と紹介してくれていました。


お迎えの時間が5分以上早かった。このままスタートすると、先週と同じ、読んでる途中でが鳴っちゃう。先生に、「今からスタートすると途中でが入って中断しちゃいますが…」と聞くと、「中断しちゃってもOKです。」との返事。

そのまま読み始めました。

今日のお話は、「はちうえはぼくにまかせて」ジーン・ジオン作、マーガレット・ブロイ・グレアム絵 です。

絵を見ると何となく、どこかで見たような…?って気がしません?そうこの本は、「どろんこハリー」と同じ作者&絵なんです。ストーリーも絵もどちらもかわいいですよ。

さて、教室でこの本を手に取ると、子供たちの何人かは「知ってる」「図書館で聞いたことがある」との答え。
でも、嫌がっている雰囲気じゃなかったので、そのまま読み始めました。

案の定、読み始めてみると、みんな夢中になってくれました。学年が小さいほど、物語の世界に共感・同化しやすく、このお話もページをめくるたび、いろんな反応を示してくれました。(正直、こんな反応があるとは思っていなかったのですが。)

ゆっくり読んで8分くらいのお話です。

時間があったので、もう一冊。

「かばくんのふね」 岸田衿子作、中谷千代子絵

こちらは、短めのお話し。洪水になった動物園でかばくんがふねになって活躍するお話です。時期的に、今ぴったりかな。

文章がとってもリズミカルで、お子さんが読むのにもぴったりかもしれません。

5分弱のお話です。


  


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ms.Ishida

Author:Ms.Ishida
藤枝市立花の自宅で個人英語教室「いしだ英語教室」を開いています。

生徒は幼稚園から中学生まで。

近くを通る人は、看板も出していない・・・夕方になると元気な子供たちが集まる怪しい場所・・・と思われてるかも?しれません。

教室に来る子供たちは、
とにかく元気!

明るく楽しい英語教室です。


詳細はお気軽にお問い合わせください。

☆ 080-6952-5456
☆ daishi54314@kdn.biglobe.ne.jp

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。